2014年05月04日

iPhone 5s、5cのケースを選ぶ時の注意点

■サイズはiPhone 5と5sは同じで5cは違う
iPhone 5、5s
高さ  123.8 mm
幅   58.6 mm
奥行き 7.6 mm
重量  112 g

iPhone 5c
高さ  124.4 mm
幅   59.2 mm
奥行き 8.97 mm
重量  132 g

という事は…5cは専用ケースじゃないと使えない!けど保護フィルムは使える

iPhone 5cは背面の形が大きく変わっている
iPhone 5cは専用ケースじゃないと使えません。iPhone 5のケースを使うことができませんのでご注意ください

ディスプレーは4インチ、1136x640ドット
iPhone 5、5s、5cと全て共通なので、液晶保護フィルムは全機種共通で使えるようです。

・5cに限っては裸で使うのもアリ?

iPhone5cに保護ケースをつけるのはナンセンス
人それぞれと思いますが、ただでさえiPhone5sよりも約20g重いうえに、外観は傷や破損に強いポリカーボネイト樹脂で構成されているわけですから、そのままが1番良い
まあ人それぞれですね


■iPhone 5sは基本的には5用のケースも使用可能。ただし!
・カメラのライトの大きさが異なるため、ちょっと注意が必要

iPhone 5とiPhone 5sは、背面のLEDフラッシュライトの形状が異なります。iPhone 5用の背面保護フィルムは、iPhone 5sでは使えない場合があります。

1. フラッシュの写り込みを防ぐため、カメラ穴のフチが黒く覆われているものの方がよい
2. さらに推奨されている大きさでカメラ穴が開かれているものだとなおよい

※ 1点目が満たされている場合、2点目を満たす必要はありません。(Appleが取り扱っているケースもこのようになっています)
※ 1点目が満たされていない場合、2点目を満たせばiPhone 5sでもお使いいただけると思われます。


・ホームボタンを覆ってしまうと指紋認証が使えなくなってしまう
こういったケースだと指紋認証が使えなくなってしまう
ホームボタンシールを貼ると指紋センサーが使えなくなります
ホームボタンを完全に覆うケースは指紋センサーがピクリとも反応しませんでした
しかし、ホームボタン全部を覆うケースでなければ、まったく問題なく使用できるようです

高級ブランド iPhoneケース 通販
posted by 伊藤淳子 at 20:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。